エピレーシック 手術

最近はレーシックの手術ではカバーできない角膜表面の薄い人や、激しい衝撃などを伴う格闘技などを行なう人から高い支持を受けている、エピレーシックと言うのが話題になっています。

 

このエピレーシックの手術はレーシックとほとんど同じ行程で行われるレーザー角膜内切削成形手術の一つです。レーシックの手術は角膜の表面を薄く切りめくってそれを蓋としますが、エピレーシックの手術はエピケラトームと言う医療機器を使い、角膜上皮を削り人工的に蓋を作り上げます。この作った蓋をめくり、レーシックと同じようにレーザーを当てて角膜の屈折率を変えて近視などによる視力矯正を施行します。レーザーの照射後人工的に作った蓋をして手術は終わります。
人工的に作られた蓋は自然治癒で角膜上皮が再生すると、涙と一緒に徐々に排出される様になっています。エピレーシックの手術では角膜のボーマン膜をレーザーで取って、角膜実質層を削ることで視力向上を図るもので、手術後に痛みが生じ、手術後3-7日間は感染症や合併症から保護をする意味でもコンタクトレンズを着用が必須です。エピレーシックでは新しく再生された角膜上皮によって手術前と同じように角膜全体が一体化するので、激しい衝撃を受ける格闘技などにも十分対応できるのです。

エピレーシックの術後

最近レーシックをさらに強化したレーザー角膜内切削成形手術の一つとしてエピレーシックと言うものがあります。このエピレーシックは術後に角膜表面が再生されるまで待つ事から、激しい衝撃などが加わる格闘技などのスポーツ選手から高い評価を受けています。

 

これは角膜表面にエピケラトームと言う機械を使って、角膜上皮に人工の薄い蓋を作成し、レーザーを当て視力矯正をするものです。この機械で作った人工の蓋は角膜内皮作用によって角膜上皮が再生すると、涙と一緒に外に流れ出ます。レーシックと同じように点眼の麻酔で手術の痛みはありませんが、角膜の表面照射による屈折矯正になるため角膜実質層を削り視力を回復をおこなうものです。

 

そのために角膜を実際に削るので術後の経過ではげしい痛みが生じます。また合併症や感染症から角膜を守るためにも術後3-7日間はコンタクトレンズを着用が義務付けられます。術後の痛みは沁みる感じで、その後は痛みと異物感を感じるとの事です。痛みは医師から処方される点眼の痛み止めをつけると止まりますが、レーシックに比べて視力の向上に時間が掛かるとの事です。

エピレーシックの体験談

テレビや雑誌で取り上げられうレーシックによる近視、乱視の矯正手術などの体験記のおかげで、レーシックはすでに一般にも広く識されたようです。またクリニック側も有名芸能人をイメージキャラクターや宣伝の為に手術の経過を体験としてウェブサイトや自社のホームページに乗せている様です。

 

最近激しい運動が伴うスポーツ選手から高い評価を受けている、エピレーシックと言うものがあります。このエピレーシックは角膜表面をめくって蓋にするのではなく、エピケラトームという機器を使って人工的に蓋を作り、角膜上皮が再生され角膜と一緒になると、自然に外に這う出されていくものです。しかしエピレーシックの手術は角膜表面照射のために、角膜実質層をレーザーで実際に削っているので、手術後激しい痛みがあると言われています。また角膜保護のためにコンタクトレンズの着用が義務付けられているとされています。目は神経が通っていないとは言えデリケートな部分の手術なので、とても不安です。

 

実際にこのエピレーシックを体験した人も多くの体験記をブログなどで発表していますが、痛みなどが具体的に解り、またその期間、鎮痛剤の効き目など実際に体験した人でないと解らない事が書かれており、どこのクリニックにするかを決めるのにも大変役立っています。

 

美味しくて安心出来る水宅配業者を選ぶならウォーターサーバー比較

更新履歴